名古屋・SMクラブ【FACE】所属。

毎日せいら様でヌイてました

こんばんは。
今夜も少し冷えますね。
温かくしておやすみなさいね。

さて、先日のプレイのお話。
夢にまで見た光景を目の前にした時。
固まって動けなくなってしまうか、
喜びのあまり飛び付いてしまうか。
今回のお話の主人公は後者。
熱烈な愛を有難うね。

真っ黒で艶やかな
エナメルのコスチュームを身に纏い、
そのコスチュームに豊満なヒップとバストを
捩じ込んでいる女性を見付けた。
ドキドキしてムラムラする程理想通り。



会ってみたい。
そう思った。

それから何日も、妄想と写真で自慰に耽った。
この女性が目の前に現れたら…?
僕はどうなってしまうのだろう。

いざ、目の前に彼女が現れると…
飛び付きたい衝動にかられた。
でも駄目だ…我慢しなければ…。
ミニドレス姿から着替えるために、
彼女はカーテンの向こう側へ。
ベッドに寝転び、心を落ち着かせて待つ。
数分後、出てきた彼女は女王様になっていた。

我慢できない!!!

気付いたら飛び付いていた。
何度もこのヒップで、
何度もこのバストで、
何度もこのエナメルボンテージで…
たくさんたくさんヌイてきたのだ。
柔らかく暖かい。甘い香り。
本物のせいら女王様が目の前に。
呼吸を荒げ、ヒップに顔を埋め、
勃起した股間を太股に擦り付け、
興奮が抑えられない…!



「興奮しちゃった?
夢にまで見た光景ですものね。
何度も勝手に私で気持ちよくなってたんでしょ?
今日は私が貴方の身体で
楽しませてもらう番よ♡」
セクシーな笑みを浮かべる口元。
あぁ…口元にも欲情してしまう…。

熱を帯びていく身体。
エナメルが擦れ合う音。
柔らかい肉感。
艶めいた唇。
時折挑発的に見せ付けられる濡れた舌先…。
どこもかしこも全部たまらない!
乗られ、挟まれ、押し付けて圧迫され…。
全てが至福。



この快楽からは逃れられない。
病み付きになってしまう。
どっぷりせいら女王様にハマり、
せいら女王様の全てを堪能しながら
大興奮のまま果ててしまった…。

会えて嬉しかったです♡
たくさんの愛を有難う。
中々タイミングが合わないかも知れないけど、
また遊びましょうね。

○4月出勤予定○
13日(金) 20時半~0時
14日(土) 12時~15時
21日(土) 12時~15時
30日(月) 12時~15時 ※ご予約有難う♡

※出勤時間が短い為、事前予約がおすすめです。
※出勤予定は変更される場合があります。
詳しくはお店へご連絡ください。

↓FACE HP↓
http://www.sm-face.com/html/index.htm

↓女王様データベース↓
http://www.smqueendb.com/?id=QEN44363308